--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
2013年02月23日 (土) | 編集 |
壁]´Д`*)。いえいいえい

壁]´Д`*)。このブログはきゅーの日常を描いたものなのだ

人類は衰退しましたの5巻を読んだのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにむに


人類は衰退しました 5 (ガガガ文庫)

新品価格 ¥630から
(2013/2/22 13:34時点)


人類がゆるやかな衰退を迎えておるのだ(ノ)`ω'(ヾ)

すでに地球は”妖精さん”のものだったり(∩)´ω`(∩)

平均身長10センチで3頭身,高い知能を持ち,お菓子が大好きなかわゆい妖精さん(ノ)'ω`(ヾ)むにむに

そんなお話なのだねー(ノ)・ω・(ヾ)むにむに

作者は田中ロミオさんなのだ(ノ)・ω・(ヾ)




ここで簡単に人物紹介をするのだ( *´-`*)つ

主人公(わたし)(。-`ω-)
妖精さんとの間を取り持つ調停官さんなのだねー(ノ)`ω'(ヾ)むに
やっているお仕事は妖精さんにお菓子をあげることくらいなのだ(ノ* ´ω`* ヾ)

おじいさん(`・ω´・ )
祖父さん(ノ)・ω・(ヽ)上司さん(ノ)・ω・(ヽ)
趣味は狩猟なのだ(ノ)゚ω゚(ヾ)なんと

助手さん( ´・◡・`)
どこかの土地に住んでいた一族の最後の一人らしいのだねー(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
無口で表情の変化もとぼしい助手さん(ノ)・ω・(ヾ)いろいろ勉強中なのだ(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
絵本がかなりブラックなのだ(ノ)゚ω゚(ヾ)なんと

妖精さん(ノ)*´꒳`*(ヾ)
とてもかわいいε(`-д-´ε)

妖精さんはとてもかわいらしい外見をしておるのだねー(ノ)*´꒳`*(ヾ)ムニムニ
その外見とは裏腹にとても高度な科学技術をもっているのだ(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
そして人口は楽しければ楽しいほど爆発的に増えていくのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにむにむに
そして集まれば集まるほど技術も高度に加速度的にどんどん発展していくのだ( っ)'ω`(ヾ )むにむにむにむに

今回はその他に
・巻き毛
・魔女
・花
・AB(二人)
・Y氏
この人達が出てくるのだ(ノ)`ω'(ヾ)むに

この本では文明の繁栄と衰退がテーマとなってーいるのだε(`-д-´ε)三
衰退した人類と,わずかな期間で文明を作り出せる妖精さんを描くことで表現しているのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにむに

二部構成になっているのだ(ノ)`ω'(ヾ)むに

最初は「妖精さんの,ひみつのおちゃかい」なのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにゅ

これは私の学舎という教育機関で生活していたときのお話なのだ(ノ)`ω'(ヾ)

寄宿舎で出会った人たちや秘密の倶楽部・のばら会の思い出なのだ(∩)´ω`(∩)むにむに

これはアニメの最終回にもなっておるのだねー(ノ)'ω`(ヾ)むに
でもアニメはちょっと説明不足だからこっちを読んだほうがよいと思うのだ(∩)´ω`(∩)むにむに

妖精さんはほとんど登場しないけど,最後に妖精さんが全部もっていってしまわれるのだ(*ノ´ω`ヾ*)むにむに

後期は「妖精さんたちの,いちにちいちじかん」
お気づきだろうか(ノ)`ω'(ヾ)むむむ
なんとじつは題名の後半は全部ひらがなになっておるのだ(∩)´ω`(∩)むにむに

どうでもいいことなのだがね(ノ)`ω'(ヾ)むにむに

レベルが上がっていくにつれて描写がキレイにゲーム文明のレベルの上がっていく設定おもしろのだ(ノ)・ω・(ヾ)むにむに

ここからはネタバレあるかもしれぬのだねー(ノ)`ω'(ヾ)むにゅむにゅ

妖精さんの童話的なストーリーに,それでいて少しブラックの入ったユーモアのある語り口調で,遊び心のあるのんびりした文章になっておるのだ(∩)´ω`(∩)むにむに
ブラックユーモアというやつだねー(∩)´ω`(∩)むに

●ひみつのおちゃかい
ちょっと暗くて,私ちゃんお今にいたるまでのことが描かれておるのだ(∩)´ω`(∩)むに

けっこう好きなお話なのだ(ノ)`ω'(ヾ)むに
私ちゃんの弱い部分も書かれていて今までの人衰とは違った印象のお話なのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにゅ

暗い学生生活が明るくなっていくのだ(∩)´ω`(∩)むに
感動的な話ではないけどもね,小さいころからずっと妖精さんが傍にいたというラストはとても泣けてくるのだ(っ´;ω;`c)

クリケットとボーリングを間違えるとは人類は衰退しておるのだねー(∩)´ω`(∩)むにむに

●いちにちいちじかん
こっちはいろいろネタがあっておもしろいのだねー(ノ)`ω'(ヾ)むにむに
まさにファンタジーなお話なのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにむに

このお話はゲームの歴史をテーマにしておるのだね(ノ)´ω`(ヾ)むに

ゲームのなかだからけっこうなんでもアリなお話になってしまっておるのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにゅ

呪文がギャグで核爆破なのだ(; ・`д・´)!
「ぶどう,ひとつぶどう!」

そして妖精さんがー(ノ)'ω`(ヾ)
かわいいかわいい妖精さんがー:;(∩´﹏`∩);:

最後は助手さんが設定を恋愛ゲームに変更しているとは(; ・`д・´)
助手さん君はかわゆい子だねー(∩)´ω`(∩)むにむに



アニメ版は最終回なのだ(∩)´ω`(∩)むにむに

小説と違ってちょっとわかりにくいけど買う価値はあるのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにゅ
ほれほれ買ってみるといいのだー(ノ)'ω`(ヾ)むに

妖精さん可愛いから見たほうがよいのだー(ノ)・ω・(ヾ)むにむに

壁]´Д`*)。次は6巻なのだねー

壁]´Д`*)。じゃねー
  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
テーマ:ライトノベル感想
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。