--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
2014年07月06日 (日) | 編集 |
壁]´Д`*)。ほほう

壁]´Д`*)。このブログはきゅーの日常を描いたものなのだ

最近読んだ本の紹介なのだ( っ)'ω`(ヾ )むにむに

「永遠の0」の百田尚樹さんの,長編小説『プリズム』を読んだのだ(ノ)`ω'(ヾ)

プリズム (幻冬舎文庫)


プリズムはこんなお話なのだねー( *´-`*)つ

ある資産家の家に家庭教師として通う聡子。彼女の前に屋敷の離れに住む青年が現れる。ときに荒々しく怒鳴りつけ、ときに馴れ馴れしくキスを迫り、ときに紳士的に振る舞う態度に困惑しながらも、聡子は彼に惹かれていく。しかしある時、彼は衝撃の告白をする。「僕は、実際には存在しない男なんです」。感涙必至の、かつてない長編恋愛サスペンス。




この作品は
多重人格を扱った作品なのだねー( *´-`*)

まずこの多重人格についてを説明するのだけれども,その説明の仕方も自然な会話の中に入ってくるのだ( っ)'ω`(ヾ )むに

多重人格には一人の人間としての人格があるのかということがあるのだねー(ノ)・ω・(ヾ)むにむに

その多重人格の人格にどのように惹かれていくのかがうまく描かれておるのだ(∩)´ω`(∩)むにむに



題名のプリズムは,「だん私達が見ている光は色なんて見えないんだけど,プリズムを通すと、屈折率の違いから虹のように様々な色に分かれます。人間の性格も光のようなものかもしれない。」
という多重人格のことを光の屈折に例えたところからつけられておるのだねー(ノ)´ω`(ヾ)むにむに

なんともロマンチックな付け方なのだ(ノ)*´꒳`*(ヾ)

でもこの小説は多重人格が統合され治るだけでは終わらないのだ( っ*´-`*)つ

「プリズム」は悲恋の物語であり,多重人格からの立ち直りのお話なのだ(∩)´ω`(∩)


どうでもいいけど,黒にんにくは今だけお得!32%オフ(。-`ω-)+


でも村田拓哉という人格一人にスポットを当てすぎていて,どうして他の人格たちが統合されることになったのかが不明なのだねー( *´-`*)つ

あれだけ嫌がっていたのになぜー(*´゚д゚`*)
ということもあったのだねー(ノ)´ω`(ヾ)むにー

これは映画化した『モンスター』と対になっている作品なのだ( *´-`*)つ

ぜひぜひどっちも読んでほしいのだ

モンスター (幻冬舎文庫)


壁]´Д`*)。それではねー

壁]´Д`*)。おやすみさん
  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
テーマ:読書
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。