--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
2014年06月08日 (日) | 編集 |

最近ウォーキングやランニングを始めたのですが,眠くて眠くてしかたないので,良質な睡眠を取る方法をちょっと調べてみたのだ(ノ)`ω'(ヾ)むに

【ぬるめの全身浴で深部体温】
就寝30分~1時間前にぬるま湯につかって、ほんの少しだけ体温を上げるのが◎なのだ(ノ)*´꒳`*(ヾ)むにむに

38~40℃、10分程度の全身浴がおすすめなのだねー(ノ)・ω・(ヾ)むにむに

【ホットミルク】
ほんの少しだけ体温を上げるためと,神経を落ち着かせるためにカルシウムが取れるのでオススメなのだ(。-`ω-)
いい香りと、温かいカフェインレスのハーブティで体を温めて、リラックスするのもオススメなのだ(`・ω・´)
ラベンダー,カモミール,ローズなどのハーブティがリラックス効果があるのだねー(ノ)*´꒳`*(ヾ)むにむに


【ストレッチ】
就寝30分~1時間前には体をほぐす時間をつくるのだc(`・ω´・ c )
軽いストレッチをすると体温も少し上がり、眠るころには体温が急激に下がりぐっすり眠れるのだ(∩)´ω`(∩)

【カフェインを避ける】
寝る前の2〜3時間は,コーヒーや緑茶などの刺激物は避けるのだ(`・ω´・ )ノ
夜食も避けるべきなのだねー(・ ω ・`)w

【ぼんやり時間を作る】
携帯電話・スマホのメールやインターネットのチェックで得た情報のせいで思考が活発化してしまうのだ(*´゚д゚`*)
携帯電話の光の刺激によって脳が興奮状態になってしまい,心地よく眠りにつきにくい原因となってしまうのだ(´・´Д・)

携帯電話だけでなく,テレビやパソコンの光にも同じことが言えるので,寝る前は何もしないで、眠れなくても、寝る準備のために、「ぼんやりする時間」をつくることが大事なのだ(ノ)`ω'(ヾ)



【まとめ・実際にやってみて】
就寝の1時間ほどの前のタイミングで体温が下がり眠りにつきやすくなるように,その時間をバスタイム,ホットミルクなどで体を温めておくと良いのだねー( っ*´-`*)つ

<平日夜の日程>こんな(*´-`*)ノ
18時45分~19時20分 ウォーキング
19時45分      帰宅
20時~20時半    夕食
20時50~21時20分  勉強(CSSについて)
21時30~22時    ランニング
22時~22時半   お風呂
22時半~23時   勉強(CSSについて)
23時~      寝る準備&テレビ
24時  就寝

これでかなりぐっすりと寝れたのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにゅ

でも夜中3時にトイレに起きてしまったのと,6時半に起きようとしたのに目覚しが6時20分に設定してあったせいでちょっと残念なことになってしまうこともあるのだ( っ)'ω`(ヾ )

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。