--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
2014年03月19日 (水) | 編集 |
壁]´Д`*)。良いコーヒーとは?

壁]´Д`*)。このブログはきゅーの日常を描いたものなのだ

『良いコーヒーとは、悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように純粋で、そして恋のように甘い』( *´-`*)つ旦

今回は『珈琲店タレーランの事件簿2』なのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにゅむにゅ

これは一巻の冒頭で出てくるセリフなのだねー(ノ)・ω・(ヾ)むにむに

タイトルのタレーランの由来となった人がいった名言なのだ(ノ)・ω・(ヾ)

珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)


とりあえず内容からなのだ(ノ)`ω'(ヾ)むに

京都の街にひっそりと佇む珈琲店“タレーラン”に、頭脳明晰な女性バリスタ・切間美星の妹、美空が夏季休暇を利用してやってきたのだεεεε ( っ)'ω`(ヾ)

外見も性格も正反対の美星と美空は、常連客のアオヤマとともに、タレーランに持ち込まれる“日常の謎”を解決していくのだ(ノ)'ω`(ヾ)むにむに

人に会いに来たと言っていた美空だったが、様子がおかしい、と美星が言い出すのだねー(ノ)'ω`(ヾ)…。

姉妹の幼い頃の秘密が、大事件を引き起こすのだ(; ・`д・´)!!



新しくキャラクターも登場したのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにむに

でも前回からの美星さんにはちょっとかなわない感じなのだ(`・ω´・ )ノ

一巻から読むしかないのだねー(∩)´ω`(∩)むにー

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

新品価格 ¥680から
(2013/11/17 18:26時点)



今回もなかなかおもしろかったのだ(ノ)´ω`(ヾ)むにむに

壁]´Д`*)。それじゃーねー

壁]´Д`*)。ばいばい


  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
テーマ:読んだ本
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
著者:岡崎琢磨 珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)(2013/04/25)岡崎 琢磨商品詳細を見る 京都の街にひっそりとたたずむ珈琲店・タレーラン。そのバリスタである美星は、数々の謎を解くことができる、という特技の持ち主。そんな美星の妹・美空が夏休みを利用し、やってきた。性格も外見も大きく異なる美空の登場とともに、タレーランには次々と謎が持ち...
2014/03/22(Sat) 09:39:17 |  新・たこの感想文
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。