--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
2013年01月24日 (木) | 編集 |
壁]´Д`*)。こんにちは!

壁]´Д`*)。このブログはきゅーの日常を描いたものなのだ

貴志祐介さんの「新世界より(中)」のレビューなのだ(ノ)´ω`(ヾ)むにむに


新世界より(中) [ 貴志祐介 ]

価格:710円
(2012/12/27 00:06時点)
感想(27件)


恐怖とは内から芽ぐむ。人間の心から出た膿が,社会を,自らを異形化させる。

中巻のお題目なのだ(ノ)´ω`(ヾ)むに

一人また一人と消えてゆく友人たち,大人に管理される子供たち,その世界の終わりでどんな惨劇が待ち構えるのか。


少しずつ謎が解き明かされてゆき,そして新たな謎も(ノ)`ω'(ヾ)むにゅ


子どもたちは厳重に監視されているのだねー(ノ)´ω`(ヾ)むにむに
少しでも攻撃的だったり,自己コントロールを欠くような兆候があったら消されちゃうのだ(ノ)'ω`(ヾ)
それがなぜなのか(ノ)'ω`(ヾ)

その理由と,子供たちを恐怖の目で見守っている大人たちの奇妙で不確かな世界観がでているのだ(ノ)´ω`(ヾ)むにむに

中巻では悪鬼と業魔は本当はどんなものなのかがわかるのだ(ノ)`ω'(ヾ)

早季たちが不信感を抱くのだー(ノ)´ω`(ヾ)

悪鬼と業魔とは違った意味で,大人たちや社会を作った人達からの歪んだ思想が垣間見えちゃうのだ(ノ)'ω`(ヾ)むに

「業魔」や八丁標の正体が明かされ,その時のすばるが愛おしいのだ(∩)´ω`(∩)むにむに

業魔は橋本・アッペルバウム症候群という変な名前なことを上巻でもいってたね(ノ)'ω`(ヾ)

そして,ある警告によって,今後の展開も気になる終わり方c(`・ω´・ c )
物語はまだまだ続くのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにむに


壁]´Д`*)。ここから先はネタバレ満載なのだ

壁]´Д`*)。読んでない人はスルー推奨なのだ

新世界より 文庫 1-3巻 セット (講談社文庫)

新品価格
¥2,300から
(2012/12/26 23:31時点)


中巻では,夏季キャンプから帰って,早季たちは呪力を取り戻すのだ(ノ)`ω'(ヾ)

そして,ちょっと時は進む((( っ*´-`*)つ

早季たちも中学生の年代になって,ミノシロモドキからの知識が少しずつ実例によって補完されていく様には恐怖を覚えてくるのだね(ノ)・ω・(ヾ)

綺麗なものほど,恐ろしいということなのだ(ノ)'ω`(ヾ)むにむに

瞬が突然別れを告げるのだ(ノ)゚ω゚(ヾ)
冷たく拒絶しているのに,なぜか瞬本人も辛そうなのだ(ノ)'ω`(ヾ)むに

早季たちは,瞬が住んでいる郷へ向かうのだ(`・ω´・ )ノ
でも水路には見張り,通行禁止を意味する綱も張ってあって,森の中には八丁標も張られているのだ(ノ)゚ω゚(ヾ)

そこで瞬が業魔になってしまったことが明らかになるのだ(ノ)'ω`(ヾ)

人間は無意識のうちに呪力を漏出しているのだ(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
それが業魔になるということは,呪力の漏出が止まらなくなってしまうことを言うのだね(ノ)'ω`(ヾ)

そして八丁標とは,漏れ出した無意識の呪力を外に放出しするためのもので,その呪力のせいで八丁標の外では生物が突然変異が起こってキャンプのときのいろいろな生き物ができているらしいのだ(ノ)・ω・(ヽ)むに


悪鬼というのも病気の一種だったのだね(ノ)・ω・(ヾ)

悲惨すぎるのだ(ノ)'ω`(ヾ)

その後の対応も悲惨なのだ(ノ)'ω`(ヾ)

中巻は,業魔化した瞬との再開が切なくて(ノ)´ω`(ヾ)むに
1班のみんなが彼のことを少しでも記憶の隅に覚えてたことが切なかったのだ(ノ)'ω`(ヾ)むにむに

今後の展開も気になる終わり方なのだね(ノ)`ω'(ヾ)

壁]´Д`*)。下巻に続くのだ

壁]´Д`*)。ばいばい

「新世界より」 一 [Blu-ray]

新品価格
¥3,114から
(2012/12/27 01:00時点)


新世界より(2) (講談社コミックス)

新品価格
¥450から
(2012/12/27 00:59時点)


「新世界より」 三 [Blu-ray]

新品価格
¥5,655から
(2012/12/27 01:00時点)


  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
テーマ:読書記録
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。