--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
2013年06月08日 (土) | 編集 |
壁]´Д`*)。むふー

壁]´Д`*)。このブログはきゅーの日常を描いたものなのだ

最近これ読んだのだ(ノ)'ω`(ヾ)むにむに

「あの日,パナマホテルで」( ´・◡・`)ゞ

第二次大戦が始まったその後のアメリカの物語なのだ(∩)´ω`(∩)むにむに


あの日、パナマホテルで (集英社文庫)

新品価格
¥900から
(2013/6/7 10:49時点)


全米110万部ベストセラーの感動作品なのだs( ´っ・ω・c` )

シアトル生まれの中国系アメリカ人(二世)であるヘンリー・リーと,日経二世のケイコ・オカベの戦時中の物語なのだ(ノ)・ω・(ヽ)

ヘンリーが12歳の少年だった1942年と、56歳となった1986年という、四十数年を隔てた二つの時間軸をいったり来たりするのだ(ノ)・ω・(ヾ)むにむに

内容さん(ノ)・ω・(ヾ)
シアトルの航空会社を早期退職し病の妻を看取ったヘンリーは,絶望の淵にいた。そんなとき,戦時中収容所に移送されることになった日系人が密かに運び込んだ荷物が地下から40年ぶりに発見され,騒然としているホテル横を通りかかる。目に飛び込んできた鯉の絵の傘…ケイコのだ!脳裡には,戦争のため離ればなれになった初恋の日系少女の面影が鮮やかに蘇り…。全米110万部のベストセラー。

この本は2010年アジア・太平洋文学賞受賞した集英社の2012年度泣き本第1位なのだ(∩)´ω`(∩)むにむに

このお話は中国人の話でもあって,日本人の話でもあって,シアトルにあるパナマホテルのお話でもあって,アメリカ合衆国の話であって,親子の話,家族の話でもあるのだ(ノ)・ω・(ヽ)むにむに

クライマックスの悲劇には胸を突かれるのだ( ´っ・ω・c` )

あの日、パナマホテルで (集英社文庫)

新品価格
¥900から
(2013/6/7 10:49時点)

ラストには,思わず涙を堪えられないのだねー(っ´;ω;`c)

第2作は特攻隊志願の日本少年と中華系少女の恋話らしいのだ(ノ)・ω・(ヾ)むに

次作も期待できそうなのだねー(∩)´ω`(∩)むにむに

壁]´Д`*)。これは読むしかない

壁]´Д`*)。じゃーねー




このお水さんもよろしくなのだー(ノ)`ω'(ヾ)
  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。