--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
2012年12月29日 (土) | 編集 |
壁]´Д`*)。こんばんは

壁]´Д`*)。このブログはきゅーの日常を描いたものなのだ



愚者のエンドロール [ 米澤穂信 ]

価格:560円
(2012/12/26 14:42時点)
感想(22件)

米澤穂信さんの“古典部シリーズ”
第2巻c(`・ω´・ c )

「愚者のエンドロール」の
レビューをするのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにむに
やらなくてもいいことなら,
やらないc(`・ω´・ c )
やらなければいけないことなら,手短に(`・ω´・ )ノ

主人公の折木奉太郎くんです(。-`ω-)+

このシリーズは日常系学園ミステリーなのだ(ノ)・ω・(ヽ)むに
文化祭のあるクラスがビデオを撮影しているのですが,その試写会に行くというのが話の始まりです(*´-`*)ノ
ちゃっとのあ・た・しはお姉さんですね(*´-`*)

今回は前の“氷菓”よりミステリーぽくなってるの(ノ)・ω・(ヽ)むにむに

サブタイトルにも少し洒落っ気をいれたのが面白いのだ(ノ)・ω・(ヽ)むに

ミステリーネタもいろいろ含まれていて面白いのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにむに

ここまでもネタバレですが,ここからはもっとネタバレMarkⅡなのだ(ノ)゚ω゚(ヾ)むにむに

壁]´Д`*)。ここから先は読んでから読むのだ

愚者のエンドロール (角川文庫)



文化祭でミステリー映画を撮ろうとしたクラスが,未完成の脚本の真相を知りたいということが今回の謎なのだねー(ノ)`ω'(ヾ)むぬー

そして推理合戦(ノ)´ω`(ヾ)
いろんな人がいろんな解釈をしているのだ(ノ)・ω・(ヽ)

なんで本人に聞かなかったのかなー(ノ)`ω'(ヾ)むに
本人に聞いちゃえばオチも一発だったのだねー(ノ)'ω`(ヾ)むにむに

最後に本人が出てくるかと思ったけど,いなかったのだ(ノ)゚ω゚(ヾ)

話の組み立て方は面白かったです(*´-`*)ノ

そして本編とはあんまり関係ないけど,えるちゃんがウイスキーボンボンを食べるのだ(ノ)゚ω゚(ヾ)
えるちゃんくらくらだねー(ノ)'ω`(ヾ)

終わり方はよかったのだ(ノ)・ω・(ヽ)
えるちゃんの可愛らしい終わり方で好きなのだ(ノ)´ω`(ヾ)
一番謎に近かったのはえるちゃんだったのだねー(∩)´ω`(∩)むにむに

全体的にすっきりして読みやすかったのだねー(ノ)'ω`(ヾ)むに

謎解きをしていくというよりは,間違い探しをしていく感じなのだ(ノ)・ω・(ヽ)
自分で謎を考える暇はあんまりないのだね(ノ)'ω`(ヾ)むにゅう

次の作品は「クドリャフカの順番」なのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにゅ

古典部シリーズはまだまだ続くのだ(ノ)・ω・(ヽ)むにむに

壁]´Д`*)。それでは

壁]´Д`*)。ばいばーい

氷菓 第1巻【限定版】【Blu-ray】 [ 中村悠一 ]

価格:6,615円
(2012/12/26 14:56時点)
感想(1件)


氷菓 (1) (カドカワコミックスAエース)

新品価格
¥588から
(2012/12/26 14:51時点)



クドリャフカの順番 (角川文庫)

新品価格
¥400から
(2012/12/26 14:53時点)


  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
テーマ:読書記録
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
おもしろそうだね(≧∇≦)
読んでみたい!!
まだ1巻も読んでないけど( ̄0 ̄;)

しっかりネタバレまで読んだよ☆
本人に聞けば一発で分かるって…
そしたらすぐおわっちゃうじゃん(笑)
いつかは読むよ!!
2013/01/06(Sun) 01:35 | URL  | ゆり #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ネタバレまで読んだとなー(ノ)'ω`(ヾ)
こまったねー(ノ)'ω`(ヾ)

いつか読むのだーc(`・ω´・ c )
2013/01/06(Sun) 02:12 | URL  | きゅー(ノ)'ω`(ヾ) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
結末はわかっていましたが、かわらず楽しめてよかった。 文化祭に出展するクラスで作られた映画。 でも、それは結末を迎える前に脚本を担当した生徒が倒れてしまい 未完成のまま
2012/12/29(Sat) 19:29:40 |  ぐ~たらにっき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。