--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
2013年05月08日 (水) | 編集 |
壁]´Д`*)。ども

壁]´Д`*)。このブログはきゅーの日常を描いたものなのだ

重松清さんの『十字架』という本を読んだのだ(∩)´ω`(∩)むにむに

吉川英治文学賞を授賞した作品なのだ(∩)´ω`(∩)むにむに


十字架 (講談社文庫)

新品価格
¥680から
(2013/5/6 20:21時点)


自ら命を絶った少年。

残された人々の魂の彷徨を描く長編小説。
吉川英治文学賞受賞作。


いじめによる自殺で息子を亡くした家族と、いじめを見て見ぬふりをしていた同級生の長い長い葛藤の日々を描いたお話しなのだ(ノ)・ω・(ヾ)

中学二年でいじめを苦に自殺したフジシュン(藤井俊介)(∩)´ω`(∩)

遺書には四人の同級生の名前が書かれていたのだ(ノ)'ω`(ヾ)むに

いじめの首謀者である三島武大、根本晋哉の二人。なぜか、二人に唆されて実行犯となっていた堺翔平の名はないのだ(ノ)'ω`(ヾ)

“親友”と名指しをされたユウ(真田裕)(ノ)'ω`(ヾ)むにむに

“ごめんなさい”と謝られた中川小百合(∩)´ω`(∩)むに

ユウはフジシュンを親友と思ったことはなかったけれど,“親友”と名指されたことでフジシュンの父や弟の健介からはなぜ救えなかったのかと責められることになるのだ(ノ)'ω`(ヾ)むに


このお話は加害者よりも,傍観者たちのほうに焦点が置かれて書かれているのだ(∩)´ω`(∩)むに

傍観者たちの物語というところも斬新なのだ(ノ)'ω`(ヾ)むにー
大半の人が傍観者なのだねー(ノ)'ω`(ヾ)

物語の中だと十字架がいろいろなかたちで出てくるけど,
唯一リアルな十字架として作中でも出てきたストックホルムの『森の墓地』がとても印象的だったのだ(ノ)'ω`(ヾ)むにむに
この森の墓地の十字架が,最後に登場人物達が背負ってきた暗く重い十字架と同じものとは思えない程清々しさを放っているのだ(∩)´ω`(∩)むに

これはとても重いお話で,考えさせられる本なのだ(ノ)'ω`(ヾ)むにー


十字架 (100周年書き下ろし)

新品価格
¥1,680から
(2013/5/6 20:27時点)

いじめを苦に自殺したあいつの遺書には、僕の名前が書かれていた。
あいつは僕のことを「親友」と呼んでくれた。でも僕は、クラスのいじめをただ黙って見ていただけだったのだ。
あいつはどんな思いで命を絶ったのだろう。そして、のこされた家族は、僕のことをゆるしてくれるだろうか。


読むといいかもしれぬのだ(ノ)'ω`(ヾ)むにむに

壁]´Д`*)。じゃねー

壁]´Д`*)。おやすみなのだ
  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。