--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
2013年01月30日 (水) | 編集 |
|ョェ・´。)こんばんは

壁]´Д`*)。このブログはきゅーの日常を描いたものなのだ

米澤穂信さんの「ふたりの距離の概算」なのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにむに

ふたりの距離の概算 (角川文庫)

新品価格
¥580から
(2013/1/10 18:26時点)


米澤穂信さんの“古典部シリーズ”
第5巻c(`・ω´・ c )

古典部シリーズ最新作(ノ)`ω'(ヾ)

「ふたりの距離の概算」のレビューなのだ(ノ)´ω`(ヾ)むにむに

やらなくてもいいことなら,
やらないc(`・ω´・ c )
やらなければいけないことなら,手短に(`・ω´・ )ノ


今回はホータローたちが2年になって初めてのお話なのだ(ノ)´ω`(ヾ)むに

古典部というあまり活動していなく,内容も不確かな部活が新入生を獲得するのだc(`・ω´・ c )
というお話なのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにむに

内容はまだまだ続くのだ(ノ)´ω`(ヾ)むに

今回のメインはある新入生の問題なのだねー(ノ)・ω・(ヾ)むにむに

新入生が古典部を突然やめてしまうことについてもめてしまうのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにゅむにゅ
正確には仮入部だから本入部しなかっただけなのだけどね(∩)´ω`(∩)むに

ふたりの距離のふたりとは誰のことなのか気になるのだねー(ノ)`ω'(ヾ)むにむに

壁]´Д`*)。ここからはネタバレになっていくのだ

このふたりとはいろいろ考えられるのだけども(`・ω´・ )ノ
新入生の大日向さんとその友達の惣田さんではないかと思うのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにむに

今回は最後は少し暗い感じで終わるのだ(∩)´ω`(∩)

米澤さんの作品にはこのようなことが多いみたいなのだ(ノ)`ω'(ヾ)
じつは得意分野なのだ(ノ)'ω`(ヾ)むにー

でも古典部には持ち込んで欲しくなかったのだ(ノ)'ω`(ヾ)
ざんねんさんなのだ(ノ)'ω`(ヾ)むにー

次作はもう少し明るい話になるように期待しているのだ(∩)´ω`(∩)むにむに

えるちゃんがそっちのほうが好きなのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにむに

コミックもアニメもあるのだよー(∩)´ω`(∩)むに

壁]´Д`*)。それではねー

壁]´Д`*)。じゃねー

  

氷菓 (3) オリジナルアニメBD付き限定版 (カドカワコミックス・エース)

新品価格
¥4,200から
(2013/1/10 18:38時点)


氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]

新品価格
¥5,063から
(2013/1/10 18:39時点)


コミックとアニメ版(`・ω´・ )ノ

どっちもチェックc(`・ω´・ c )

するといいのだ(ノ)゚ω゚(ヾ)

してほしいのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにむに


(ノ)・ω・(ヾ)むにむに



スポンサーサイト
  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
テーマ:読書記録
ジャンル:小説・文学
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。