--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
2013年01月03日 (木) | 編集 |
壁]´Д`*)。ども

壁]´Д`*)。このブログはきゅーの日常を描いたものなのだ

貴志祐介さんの「新世界より(上)」の感想です。

新世界より(上) [ 貴志祐介 ]

価格:760円
(2012/12/26 22:42時点)
感想(47件)

“ここは病的に美しい日本(ユートピア)。
子どもたちは思考の自由を奪われ,家畜のように管理されていた。”

なんてお題目で発売されているのだ(ノ)'ω`(ヾ)

怖さの中に見たいとう欲求が出てくるのだねー(ノ)'ω`(ヾ)むにむに

独特の世界観と長大な冒険に惹き込まれるのだ(ノ)`ω'(ヾ)
とってもおもしろいのだねー(ノ)・ω・(ヾ)むにむに

時代背景とかもすごく興味深かったのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにゅ
現実を疑い隠された歴史を紐解いていくのだね(ノ)・ω・(ヾ)
地域コミュニティ単位で生活の管理が徹底されて,幼少時から刷り込みの様に教育が行われているみたいなのだ(ノ)'ω`(ヾ)
人間は呪力という力を使うことができて,それが日常の基盤になっているの(`・ω´・ )ノ
知能が比較的高い他の生物の,バケネズミさんからは神さまと畏怖されている存在になのだ(ノ)`ω'(ヾ)

そこまでに至る背景とは(。-`ω-)+
呪力の力があまりにも強力すぎるために人間はある枷を嵌められているのだ(ノ)`ω'(ヾ)
社会を統べる装置としてのその枷ありようとは(。-`ω-)!!

盛りだくさんな設定は見所の一つなのだ(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
でもその設定もねー手記という描き方によって説明が容易理解できやすくてわかりやすいのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにゅむにゅ

壁]´Д`*)。この続きからはネタバレがちょっと入ってくるのだ

壁]´Д`*)。上巻だから見てもまだまだだいじょぶ

壁]´Д`*)。読んでもだいじょぶかもねー

新世界より 文庫 1-3巻 セット (講談社文庫)

新品価格
¥2,300から
(2012/12/26 23:31時点)


[続きを読む...]
スポンサーサイト
  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
テーマ:読書記録
ジャンル:小説・文学
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。