--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
2014年05月25日 (日) | 編集 |
最近読んだ本を紹介したいと思います

『勝ち残りSEへの分岐点』という本です

この本はIT業界でSEを目指す人,SEの人のスキルアップのための本です!

勝ち残りSEへの分岐点 (DB Magazine SELECTION)


日々の生活の中でやっておくといいことや,効率的な学習方法などが書かれています。

資格1つをとっても、計画的かつ業務に役立つものを目的に即して取得する必要があるし、資格取得だけの勉強ではなく、コミュニケーションスキルなどのヒューマンスキルを学ぶことも重要です。また、「成功するためには?」「新人SEの教育は?」「将来独立するには?」といった、多くのSEが持つ疑問にもしっかり答える、悩めるSEの拠りどころとなる1冊です

内容の紹介はまた今度したいと思いますが,
「何をしたらいいのかわからない」「SEとは?」「毎日が不安」
という人にはぜひ読むといいと思います!
スポンサーサイト
  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
2013年06月11日 (火) | 編集 |
壁]´Д`*)。

壁]´Д`*)。このブログはきゅーの日常を描いたものなのだ

今日はこの「教える技術」という本について書いていくのだ(ノ)・ω・(ヾ)

 

行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術

新品価格 ¥1,470から
(2013/1/10 01:05時点)


10万部突破c(`・ω´・ c )

「いつ・だれが・どこで」やっても同じ効果が得られるのだ(ノ)`ω'(ヾ)むに

やるべきことはなんなのか(`・ω´・ )ノ

どう伝えるかc(`・ω´・ c )

どのくらい教えればいいのか(●´Д`)σ

これであなたも人を育てることの充実感と幸福感を手にできるのだ(ノ)・ω・(ヾ)むにむに


題名通り教える技術を書いたものなのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにむに

行動分析学なるものから検証した結果から得られた,再現性のある法則らしいのだねー(ノ)・ω・(ヾ)むにむに


その理由は「教え方」がまずかったのだ(ノ)`ω'(ヾ)
世の中の人は“心”に問題があると思っているようなのだ(ノ)'ω`(ヾ)
“行動”に目を向けることが重要なのだ(。-`ω-)

と書いたあったのだ(∩)´ω`(∩)むにむに


図が手書きのような感じで親近感がわくような書き方をしているのだ(∩)´ω`(∩)むにむに

これも教える技術の一つなのだね(ノ)`ω'(ヾ)むにむに

――――――――――目次詳細:――――――――――
CHAPTER 1「教える」前に心得ておいて欲しいこと
CHAPTER 2 上司がやるべきことは
CHAPTER 3 部下のためにできることは
CHAPTER 4 どう伝えるか
CHAPTER 5 どのくらい教えればいいか
CHAPTER 6 ほめることが大切
CHAPTER 7 「叱る」と「怒る」は違う
CHAPTER 8 継続させるために
CHAPTER 9 こんな場合はどうするか?
CHAPTER 10 大人数に教える場合
―――――――――――――――――――――――――


こんな本もおすすめなのだ|ョ*゚ω゚*)b

経済は感情で動く― はじめての行動経済学

新品価格 ¥1,680から
(2013/1/26 01:25時点)



モッテオ・マッテルリーニさんの

経済は感情で動く(`・ω´・ )ノ

行動経済学の入門書なのだ(ノ)'ω`(ヾ)


例がいっぱいで楽しいのだ(ノ)・ω・(ヾ)むにむに

これも行動分析学を使っているようなのだねー(ノ)'ω`(ヾ)むに


|ョ*゚ω゚*)ぼくもまだ途中なのだ

壁]´Д`*)。それでは

壁]´Д`*)。ばいばーい
  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
テーマ:書評
ジャンル:本・雑誌
2013年04月14日 (日) | 編集 |
壁]´Д`*)。どもどもどもー

壁]´Д`*)。このブログはきゅーの日常を描いたものなのだ

今日は本の紹介でもしようと思うのだ(∩)´ω`(∩)むに


経済は感情で動く―― はじめての行動経済学

新品価格 ¥1,680から
(2013/2/15 00:08時点)


■内容紹介
日常の買い物から、レストランでの食事、株式投資やビジネスでの判断、病院や選挙での選択、競馬や宝くじまで、お金をめぐるあなたの常識を覆します。

ためになるのだよー(ノ)*´꒳`*(ヾ)むにむに

読むと良いのだー(ノ)`ω'(ヾ)

<推薦の声>
「人間の心理を理解しなければ、商売は成功しない」
──セブン&アイHLDGS. 鈴木敏文会長がグループ幹部にすすめた本
「本書は、経済は心理学だという私の持論を、見事に解説してくれている。大切なのは、この本から何を教訓として引き出すのかという発想力だ」
本書が世に出たことは、とりわけ政界および経済界をリードする人々に、喜ばれるにちがいない。(ダニエル・カーネマン。2002年にノーベル経済学賞を受賞。)

クイズ形式で、行動経済学と神経経済学のエッセンスを、やさしく説いてゆきます。「目からウロコ」、驚きの話の連続。

■三つあると真ん中を選ぶ
寿司屋のランチメニューで「特上・上・並」とあれば、「上」の注文がいちばん多い。一般に、三つの選択肢では真ん中が好まれる。売る立場でいうと、4000円と5000円の類似商品があって、値段の高いほうを「売りたい」と思えば、6000円という選択肢を追加すればよい。

■自分のものになると値が上がる
通販での試供品の提供「使ってダメなら一週間以内に返品して下さい。お値段は無料です」。通販業者はめったに返品されないことを知っている。――買ってもいないのに、手元に来ただけで「保有効果」がはたらきます。

■進むも地獄、退くも地獄の…
巨額の先行投資をしている。さらに追加の投資が必要。しかし、先行きの展望は「暗い」。これは、「コンコルドの誤謬」と呼ばれるもので、展望がないなら、いま、手を引くべきなのです。

■ダメな会議の典型とは…
会議の結論がなかなか出ない。話がグルグル回っている気がする。これは最初の発言者の発言にひっぱられ、新しい話題が出てこなくなっているのです。これを、「アンカリング効果」といいます。

■交渉は最後の一言で決まる
交渉事でメインの話が終わったら、安心したりしていませんか。締めの一言が、契約にこぎつけるには重要です。人の記憶はメインのことと、最後の一言で印象の良し悪しが決まります。これを「ピーク・エンドの法則」といいます(同様に、恋人とのデートは、別れ際の一言、ないしはキスが最重要です)。

☆本書の5つの特徴
1.クイズ形式で説く、最新の行動経済学と神経経済学のエッセンス
2.お金と経済に関わる<心の法則>のポイントを「コラム」と「教訓」で紹介
3.話題が豊富(日常の買い物、レストランでの食事、バーゲンセールでの行動、
投資やビジネスでの判断、病院や選挙での選択、競馬や宝くじの買い方、など)
4.さまざまな局面でのあなたのくせと、相手のだましのテクニックがわかる
5.考えるヒント、儲かるヒントがいっぱい
[続きを読む...]
  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

  ←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→

  ←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→              お願いします(ノ)・ω・(ヾ)むにむに
テーマ:読書メモ
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。